手作り石けんの日々。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 地元のコーヒー豆屋さん | main | 春の石鹸 >>
閉店のこと、アレルギーのこと
JUGEMテーマ:手作り石けん
 
突然ですが、本日ショップを閉店いたしました。
次回新作をご紹介後、今年いっぱいでの閉店を考えておりましたが
考えれば考えるほど、販売を続けることはできないと決断しました。

「みずいろせっけん」の石けんをお使い下さった方、
リピーターの方、
新作を楽しみにしていただいていた方、
ほんとうに申し訳ありません。

いま手作り石鹸の世界は変化の時を迎えているように思います。
以前よりもソーパーの方も増え
情報の量も増え、簡単に石鹸が作れるようになったと思います。
私もまだソーパー歴4年目ですので
はじめたころには、検索をすればプロの方や先輩ソーパーさんたちの情報が
たくさんありましたし、石鹸の本もたくさん読みました。
安全で安心な石鹸作りという点では、大丈夫と思っていました。
でも、所詮素人でした。
法律という面からの認識はとても甘かった。
そして、自分や家族にとって安心だからといって
誰にでも安心とは限らないということ。
きちんと検査を受けている石鹸でさえ、ああいった事故が起こるのですから。

手作り石鹸がここまで浸透した理由にアレルギーは欠かせないと思います。
市販の石鹸ではどうにもならない。
だから自分で原料を吟味して作る。
私も作り始めたきっかけは二男のアトピーと自分の乾燥肌。
いま、アレルギーの方って多いですよね。
私の周りでも、アレルギーがまったくない人を探すほうが難しいくらい。
でも、ここにきて手作り石鹸で問題になっているのもアレルギー。
アレルギーって十人十色。
同じアトピーでも原因は人それぞれ違うのです。
我が家も4人ともアレルギー体質。
長男、二男、私はアレルギーの血液検査及びパッチ検査をしています。
その結果に基づいて家族そして自分の石鹸のレシピを考えます。
夫はしていません。
生活に支障がないからです。
夫はたぶんブタクサアレルギー。
秋口のみ、しかも近づかなければ何も起こりません。
きっと検査をしていない人のほうが多いですよね。
支障がなければ。
つまり自分のアレルゲンを知らない、アレルギーに気が付いていない場合も多いのも事実。
実際検査してもわからないアレルギーもあるそうなので・・・

そんな中で不特定多数の人に
手作り石鹸を販売するのはやはり無責任なんだと認識せざるをえません。

これから先、手作り石鹸の世界はどう変わっていくのでしょうか。
手作り石鹸の資格、基準が設立されるのか、
手作り石鹸自体が禁止になってしまうのか(これはなんとしても防ぎたい!!)


正直、後ろ髪惹かれる部分はあるんです。販売に対して。
でも、今の自分では力不足。
それが私の出した結論です。




長々とえらそうにすみません。
最後までお付き合いくださりありがとうございました。
「みずいろせっけん」として石鹸は作り続けていきます。
ブログも続けていく予定ですので、
これからもよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへぽちっとしてもらえると励みになります♪








18:12 / ショップからのお知らせ / - / -
スポンサーサイト
18:12 / - / - / -
book
sasa-kumaの最近読んだ本
Rakuten
Twitter
おすすめとか・・・
qrcode